ブログの名前をクオログ[QOLOG]からCLUe[クルー]に変更しました(2018/07/17)

ブログの記事を大量に削除した理由

今まで投稿していた記事を大量に削除しました

2018/05/28に記事の大半を削除しました。削除した記事数は73記事です。(ちょいちょい記事を削除していたのでトータルはもっと多い)

このページを書いている段階で公開記事数が9記事なのでほとんど残っていないですね。

普通ではありえない行動ですが、記事を削除しなければならない理由がありました。

公開記事の大半を削除した理由

簡潔に理由を書くと以下の通りです。

  1. ブログのコンセプトにブレがあったから
  2. 一体誰のためのブログかわからなくなったから
  3. 自分のブログが心底嫌いになりかけたから
  4. SEO対策の観点からヤバイと思ったから

 

順番に説明していきます。

ブログのコンセプトにブレがあったから

全てはここから始まった」と言っても過言ではないですね(笑)

このブログ…コンセプトが完全にブレブレでした。

コンセプトはブログの運営理念、目標といったものです。ブログを運営する上でなかなか重要なものです。


大学1年生の時にアフィリエイトというネットビジネスに出会って始めたこのブログ。

最初は、

れおん

なんだかよくわからないけど、とりあえずやってみるか!
というゆるい感じで始めました。

アフィリエイトというビジネスの仕組みだけを理解して、「わからないことはやりながら覚えればいいかー」という心構えで。

Webサイト運営の基礎ビジネスの基礎であるマインド置き去りにしたままスタートを切ったわけです。


後からどうにでもなると「とりあえず行動」をしていたわけですが、結果どうなったかというと、「行動しようにも行動できない」状態に陥りました。

記事を書こうにも途中で手が止まってしまうビジネスの知識を頭に入れ込んで、いざ使おうとしてもまともに扱えない

理由は簡単。最初に書いたようにコンセプトがブレブレだから。

一体誰のためのブログかわからなくなったから

コンセプトがブレブレの話と繋がりますが、このブログが誰のためにあるのかがわからなくなりました。


アフィリエイトを始めた初期。本当に最初。ヒヨコの頃。

個人でビジネスができる時代であることをしり、本気でやって続ければ稼げるようになるという情報のもと始めました。

要するに、最初は「自分のため」でした。ここは間違いないですね。

れおん

個人で稼ぐ力を付けたい!から始まりました。

そして、ネットビジネスの勉強をしていくうちに「ビジネスの本質」を知りました。

ビジネスは「何かと何かを交換する」といういたってシンプルなもの。

「楽しさ」と「お金」だったり、「悩みを解決するモノや情報」と「お金」だったり、「労働力+時間」と「お金」だったりする。


「何か」と「お金」という例ばかり挙げていますが、お金にこだわらなくてもいいんですよね。

「モノ・情報」と「モノ・情報」とかでもいいわけです。わらしべ長者です。「価値と価値との交換」がビジネスの本質です。


その本質に基づいて、僕が持っている価値読者であり、お客でもあるユーザに提供していこうという方針に変更しました。

もちろん自分のためにもブログを運営するし、自分だけではなくユーザのためのブログを作ろうと決めました。

ですが、そう決めたころには記事を数十記事投稿していました。そのため、

れおん

今更、コンセプトを変えてブログを運営していいのだろうか…?
というモヤモヤを残したままブログ運営を続行しました。

この時点で変更を加えていれば、また違った展開だったかもしれないのに。ここでブレ幅が大きくなり始めました

自分のブログが心底嫌いになったから

ブログのコンセプトを変えてブログの運営を続けたわけですが、途中でコンセプトを変えたことで弊害が発生しました

アフィリエイトの記事があるけど、ネットビジネスの記事がある。アフィリエイト特化のサイトなのかネットビジネス全般を取り扱うサイトなのかよくわからない

WordPressについての記事もあったり、SEO対策についての記事もあったり、Webサイト制作全般の記事があったりと、わけがわからない状態


わけがわからない状態でもなお記事を書くと、次はマインドについての記事を大量生産し始める…。←精神論が一番だとは言ってないけど、そんな感じのブログが出来上がっていく。

そのマインドはアフィリエイトのマインドなのか、ネットビジネスのマインドなのかという思考が負のスパイラルに陥る。(結局は無駄な思考でした。)


自分とユーザのためのブログというコンセプトは設定したものの、どのような価値どのような情報やモノどういう風に提供するのか明確ではありませんでした

そのため、記事を書くのに時間がかかるし、途中で手が止まって記事を書き終わることすらできないこともありました。

れおん

この記事のカテゴリは?2つのカテゴリに当てはまってしまうぞ…。そもそも何が言いたいんだ?

結局は誰のためにもなっていない記事ばかりのブログが嫌いになりました

でも、そのブログを作ったのは自分です。責任をもって作り直すことにしました

そのための第一歩が「記事の削除」というわけです。

SEO対策の観点からヤバイと思ったから

誰のためでもない記事があるのは、SEO対策の観点からとてもヤバイです。

検索エンジンの順位を決めるアルゴリズムは何をみて良し悪しを決めているのか。

それは、記事やサイト全体がユーザにとって質の良いものかどうかです。ここでの質の良い記事やサイトというのは、ユーザの目的を果たす記事やサイトのことを指します。

言うまでもないかもしれませんが、もちろん他のサイトと似通ったものじゃないオリジナルなサイトです。

れおん

オリジナルなサイトは、独自のデザイン調やカスタマイズをしていたり、自分の言葉で記事を書いているサイトのことです。

例えば、「Webサイトの作り方」というタイトルの記事があったとして、これからWebサイトを作りたいというユーザがいたとします。

でも、その記事がWebサイトの作り方を紹介しておらず、Webサイトが作れるサービスを紹介のみしていた場合はどうなるでしょう。

訪れたユーザは、その記事だけではWebサイトを完成させることができません。サービスを知っても使い方・作り方がわからなければ意味がありません。

ユーザは再び検索して探し回らなければいけませんよね。そのサービスを使ってWebサイトを作る方法を。

れおん

ユーザに価値を与えるどころか、手間をかけさせちゃってるからダメ。

例においての良質な記事というのは、Webサイトが作れるサービスやツールを紹介しつつ、サイトの公開までの作り方をユーザに教えるものです。

その記事だけで全てが完結するのが一番望ましいんです。ニーズだけでなくウォンツにも応えてあげないといけないんです

サイトが作りたいというのはニーズです。ウォンツは、こんなデザイン調でこんな機能が付いていて、こんなカスタマイズができるようなWebサイトが作りたいというようなものです。


ウォンツだけでなくニーズさえも満たしていない記事やサイトというのは誰のためでもありません

誰のためにもならないサイトをGoogleは評価してくれません。当たり前です。

れおん

ニーズとウォンツの両方を満たすのは難しいことだけど、とても大事です。

そして、僕のサイトはGoogleが評価するようなものではありませんでした。つまり、SEO的に最悪ということ

ユーザが抱える問題を解決するような、僕の書いた記事で全てが完結するような、そんなサイトではありませんでした

だから、「ひどすぎる記事を削除した」ということです。

記事を削除するとGoogleの評価ではプラスにもマイナスにもなる

記事を削除すること自体がSEOに対して影響を及ぼすので、あまりやらない方がいいという考えもあります

しかし、悪質の記事があるせいで良質の記事が埋もれてしまっては、ユーザに目的の記事を見つけてもらえません


また、Googleは質より量のサイトよりも量より質を優先するサイトを評価する傾向があります。

良質の記事も少しはあるけどそれなりの質の記事が大半のサイトよりも、トータルの記事数は少ないけどすべて良質のサイトを評価します

自分のサイトで公開している記事で良質なものを見極めて、適切に価値の低い記事を削除するとGoogleの評価が上がる場合があります

以上の観点から、僕のサイトでは記事を削除した方がいいと判断しました。

シンプルに考えると、Googleのガイドラインを守りつつユーザのための記事を書けば評価がプラスになるけど、逆はマイナスということです。

記事の削除はアフィリエイトの観点からもまずかった

アフィリエイトは自分のメディアで商品を紹介して、ユーザに買ってもらえると報酬がもらえますよね。

記事を削除したということは、マネタイズしている記事も削除したということ。

それに加えて、SEOに悪影響が出てしまえば検索結果の順位が落ちるので、集客に問題が出るということです。

要するに、買ってもらえる機会が減り、報酬が少なくなるということです。短期的に考えたら損するだけなので、記事削除はやべぇ行為

それでも記事を削除したのは、長期的に考えたときにメリットの方が多かったからです。


メリットとは、早いうちからデメリットを排除しておけばSEOなどの対策も早くできるということと、無駄なリソース(資源)を使わなくて済むという2点です。

良質でない記事を削除してサイトの成長にいち早く手を付ければ、その分早く評価が戻ります。むしろ、前よりも評価が上がるかもしれない。

やるかやらないかをぐだぐだ考えると、思考と行動のリソースがどんどん削られていくので、疲れて何もしたくなくなってしまいます。

僕ら人のリソースは有限であり、とても少ないので効率よく使わなければならないです。悩むことにリソースを割くのではなく、速く考えて決断して行動することにリソースを割くべきです。(リソースマネジメントはとても難しい…けど心がけよう(´;ω;`)

記事の大量削除をしたらスッキリして前に進めた

記事を削除するのにはとても抵抗があり、合っているのか間違っているのかわからないという状態でした。

しかし、思い切って削除してみると不思議なことにスッキリした気分になったんですよね。思い切りって大事

おそらく、記事を削除したことで「あとは頑張ってやり直すしかない」という状態になって、それと同時に胸につっかえていたモヤモヤもなくなったからだと思います。


0からスタートする気持ちで、改めてブログの運営理念や目標を決めたり自分がどうしたいか見つめなおしたりユーザにどんな価値を提供したいか考えたりしようと思えるようになりました。

あとはやるだけ」という状態になったわけです。考えることには時間をかけようと思います。

これから気を引き締め、頑張ってサイトを運営していきますので、どうかよろしくお願いしますね。

れおん

一緒にサイトを作っていきましょう!
MEMO
Googleの評価、検索順位がどのように変動するのかはこれからです。ですが、とりあえず今は気にせずサイト育成を頑張っていきまする。

SNSでもコメントできるよ('ω')